Next scene

2015年12月15日

カボスの気持ち

 俺、猫。
 名前は最近カボスって呼ばれている。
 何でカボスかって言うのは、名付け親のヨーコさんに聞かないとわからないが多分、「かっこいいボス」とか、「かわいいボス」を略したんだろうなと、勝手に思ってる。ヨーコさんと別れた今、それを確かめる術は無いけど。

 俺、基本的に人間は信用していない。
 なんでかって、簡単だよ。俺は一度完璧に捨てられたからさ。
 捨てられる前は、東京の何とか(猫にはわからん)って街で親兄弟と前の飼い主と仲良く生活していたんだ。
 兄弟は全部で7匹。俺はその中で長男になる。
 さすがにこれだけ兄弟が多いと飼い主も大変だったんだな。俺たちは養子に出される事になった。
 体の小さい、弟や妹から順に貰われていき、しばらく経った日に俺のすぐ下の妹が貰われていった時、
「次は俺の番だなぁ。新しい家でも頑張ろう。」と思ったのさ。
 ところが、ちょっと飼い主の様子がおかしかったって言うのは後からは分かるけど、その時は気付けなかったんだ。
 夜、もう暗くなってから車で家から離れた小さな公園に連れていかれたんだ。
「ここで新しい飼い主と対面なのかな?」って思った。
 でもそんな人物は現れず元の飼い主もいつの間にか居なくなっていた。
「おいおい、こんなトコに置いてけぼりかよ!」
 そう、体のでかくなった俺だけ結局里親を見つけられず、飼い主が選んだ結論は“捨てる”そういう事だったんだ。
 参ったね。もう人間なんて信用できねーよ。ちくしょー、腹が立つのに腹が減ってどうしようもねー。
 といっても、もともと俺は飼い猫。野良と違って自分で自分の食事の世話が出来ない。
 頑張ってもネズミどころか虫一匹捕まえられない。というか、ちょっと怖い。
 話の分かる野良の先輩がいたら、頼み込んで弟子にさせてもらうけど、そんなに美味い話なんて無い。
 逆に、通りすがりの家の飼い犬には吠えられて、悪いのは俺じゃないのに、逃げて隠れてるしかなくて、
「これから俺はどうすりゃいいんだ。」
「缶詰のキャットフードはもう一生食べられないのかな?いや、それより俺、このまま死ぬのか?」

 やっぱり死にたくないからさ、俺、プライド捨てて勇気振り絞って、道をたまに通り過ぎて行く人間に擦り寄って行ったんだよ。
 自力で簡単に里親が見つけられるなんて思ってなかったけど、何か食べ物にはありつけるかもしれないって期待があったからさ。
 でもまるでダメ。
 いい反応でも頭や背中、喉をなでてくれるくらい。悪い反応の時は蹴りを入れられたり石を投げつけられたり。サイテーだ。
 そんな扱いで俺は、牙を1本失い、鼻と片足を怪我してしまった。
 もう心も体もボロボロになりかけていた。ボロボロになると、いい反応の率はどんどん下がっていく。
「弟や妹たちは、幸せに暮らしているかなぁ。」
 そんな、もう駄目かなって諦めかけた時に、俺とヨーコさんは出会ったんだよ。
 もう体より、心の問題で俺は動く事が出来なかったのに、ヨーコさんは街灯の陰で傷ついて怯える俺を見つけると迷わず捕まえて抱きしめて、なでてくれたのさ。嬉しかったというよりは、びっくりした。でも、また“それだけ”かもしれないし、人間は信用出来ない。
「あー、もう、なでるのはいいから、食べ物くれー」

 今度は本当にびっくりした。
 ヨーコさんは俺の言葉が分かったみたいで俺を自分の住んでいるアパートまで連れて帰ると、ミルク&鰹節をご馳走してくれた。
 そのあと無理やりシャワーを浴びさせられたのは敵わなかったけどおかげでサッパリ。
 九死に一生って、この事だろうなぁ。
 今日は本当に疲れた。これはもしかしたら、夢かもしれないなぁ。眠るのは怖いけど、このままの気分で天国に行けるなら、もう、それでもいいや。
 ヨーコさんが喉をなでてくれている。俺はそれに応える。
 ゴロゴロゴロ・・・・

 次の日、目を覚ましたら、なんと、猫缶が!
 俺が寝てる間にヨーコさんが買ってきてくれたんだ!
「嬉しいよ。有難う。」
「どういたしまして」って、やっぱり言葉通じてる?
 で、その時にヨーコさんは俺に、新しい名前「カボス」をくれたんだ。だから俺、この人に一生ついていくって思ったね。
「ヨーコさん、これから宜しくです!」
 でもそれにはヨーコさんは答えてくれなかった。。。

 ある日、ヨーコさんと俺の住むアパートに荷物が届いた。ケージだった。
 ケージったって、つまり持ち運びの出来る“檻”みたいなもんだ。小型の犬族ならそういうのも似合うかもしれないけど猫はどうかと思う。ちょっとヨーコさんのセンスを疑った。
「俺をここに入れて、どっか行くのにつき合わすつもり?」
 ヨーコさんはまた何も応えてくれない。
「猫は飼い主には懐くけど、基本的に自由な動物だから、そんな檻で拘束されるのは苦手なんだよ。」
 またも無反応。おっかしいなぁ。

 その次の日、朝早く来客があった。
 ヨーコさんが慌てて俺を抱きしめてくれた。
 なんか変だぞ!?
「ごめんね。ここじゃ、飼ってあげられないから・・・」
 って、おいおい!
 そんなヨーコさんの様子に気付いて逃げ出したかったけど、悪い予感は的中。俺はあのケージに無理やり押し込められた。
「元気でね」って、「ヨーコさん俺どうなるんだよ?」

 来客者のオッサンは俺の入ったケージを受け取って、そのオッサンの車の助手席に乗せた。
 一瞬の事で何が何だか理解出来ない。車はすぐに走り出した。
 やっぱり俺はまた捨てられたのか?
 それともこのオッサンが俺の新しいご主人か?
 いや違う。このオッサンは運転中、やたら俺に話しかけていた。ヨーコさんの言葉と違って意味はまるで分からなかったけど、どうやらどこかに俺を運ぶのがこのオッサンの役割りらしい。
 くそー、こんな檻、牙さえ2本あったら破ってやるのに。
 抵抗空しく、車は俺とヨーコさんの距離をどんどん引き離して行った。
 それから、オッサンは俺を飛行場に連れて行ったんだ。
“飛行場”って分からなかったけど“飛行機”って乗り物に、ケージごと乗せられて、俺は空を飛んだんだ。
 それからまた別のオッサンの車が俺を運んで、この家に俺は連れて来られた。その間は、いろんな事を思い出していたよ。
 生まれた時の事。兄弟たちの事。楽しかった事。
 捨てられた事。人間に蹴られた事。悲しかった事。
 短い時間だったけど、ヨーコさんと暮らした事。最高に幸せだった事。
 もう、思い残す事無いって事も無かったけど、多分、俺、やっぱり死んじゃうんだろうなって覚悟しちゃったからさ。凄い、怖かったけどさ。。。

 この家の人たちは俺を「カボス君」って呼ぶ。普通に一人前(一猫前)の猫として扱ってくれる。でももう、人間はあんまり信用できなくなっちゃったんだよ。
 ただ、なんとなく、そう、なんとなく、この家の人たちは、俺の好きな人に感じや匂いが似てるんだ。
 だから、またどこかに連れていかれるまでは飼われてやる事にしたのさ。

「カボス君」
 この家の奥さんが話しかけてくれた。
 いつもはこの家族の言葉は何となくそうだろーなーくらいしか分からなかったけど、この言葉ははっきりと分かった。
「もうすぐ夏休みだから、ヨーコが彼方に会いに帰ってくるって。」続きを読む
タグ:
posted by yoshi at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作モノです(#^.^#) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月01日

2011

ひとまずは、、、お詫びですな。


ここ、ほとんど、閉鎖状態です。

本人すら、全く見てませんでした。

その間、お声をかけていただいた方、

心配してくださった方、

本当にすみませんでした。

なんとお詫びしたら良いのやら、

あまり時間が開きすぎると、もうどうでも良いかって気になってたり。

いかんいかん。こんな自分、サイテーです。


今は、ごめんね。謝るしか無いです。



仕事はちゃんと続いてます。前と同じね。

あいかわらず、パッとはしてませんが、それなりに、それなりです。



ただ、今は実は学生もやってます。この春からです。

卒業はかなり先だし、

それ以外にまだ報告できる内容のものは何も無いけど、

いつかちゃんといろいろ報告します。



それまでは、ごめんなさい。

更新の頻度、たぶん、上がらないと思います。



家族も元気。エリーもレディになったよ。

もう、参っちゃうよ。オヤジとしては。



皆元気で。



じゃ。

2010年09月02日

アンコール

いつまで続くのでせうか、この暑さ。

なんて話題にも、さすがに飽き飽きしてきました。

この暑さは誰のせい?


誰のせいでも或るよな無いよな・・・



外回りの営業さんとしては、夜はさすがに涼しくなってきたような気がします。

トンボもたくさん飛んでる。

でもって蝉に代わって秋の虫が鳴き始めてる。



いや、騙されちゃダメです。

9月としては過去最高気温だとか発表されてるし

実際ついさっき夜9時、本日の営業もそろそろ終わりとか思って歩いてたら

街頭の温度計は31℃になってた。

そりゃ昼よりは涼しいかも。

やっぱ騙されないぞ。

今はまだ立派に夏。

秋じゃない!

きっと虫もそろそろ仕事せなしゃーないからって、嫌々暑い中鳴いてるに違いない。

はぁっ。大阪、東京より、沖縄の方が気温低いって、どゆ事?

ま、そーゆー夏の傾向は昔っからやけど。



この夏は外の仕事は全部キツいやろうけど

一つだけ良い事も。


あまり、犬に吠えられない。

番犬も、暑くてバテバテで、

不審者なんてもうどうでもえーよってな感じ。

相変わらずうるさいのはお座敷犬だけ。

お犬様、ご主人留守でもエアコン効いた屋内で、

ドア越しに元気にキャンキャン吠えてます。


そりゃまぁしゃーないけどね。この暑さじゃ。

日陰で耐えてる大型犬が、吠えられると鬱陶しいけど

最近は過酷な状況をシェアしてるような気がして

ちょっと親近感まで感じます。

頑張れー!

俺も頑張るぞ。

あー、アイス食いてー



涼しくなって欲しいけど

実は季節の中で一番

夏が好きなんだよね。

2010年07月15日

小心者


外回りにて

豪雨に今日はびびってたけど

もっと凄い事になってる地域もあるって


怖いです。




仕事、上向きって書いて

ようやく少しマシになれた“つもり”でしたが、

同じ職場の先輩が戦力外通告。


他人事じゃなくて、怖いです。



じわりじわり体力の衰えを感じ始めてはいましたが

まだまだ若い“つもり”でいます。

だけど、油断して、能天気でいると

“病”と闘う人と出会った時、言葉を失います。


やっぱり実は、怖いです。




目に見えるモノより

目に見えないモノの方が怖いんだよ


って、ある人が昔、自分に言ってくれた。

だよね。



全部、受け入れられるのかな、俺。



なんて考えていたら

やっぱり



ここに在る事が


感謝


すべき事なんだなって思うけど

悲しきかな

それを忘れて右往左往してる自分って




ちっちぇー。




もっと大きな人間に・・・

なれるんかなぁ?



ならなアカンで。俺。

2010年06月08日

沖めしランチ

201006081418000.jpg本日のランチは何年かぶりに沖縄料理屋(沖めし)。
うちは家で食べれるから逆に外食で沖めしは疎遠です。
料理撮れば良かってんけど。


なんばCITYレストランOKINAWA

美味しかったですよ。

2010年06月06日

石ノ上にも1年未満


プロフには無職となってますが

一応、今の仕事、もうすぐ1年経ちます。



ずっとずっとダメダメ君で

すっごい年下の上司に毎日のように詰められて

それでもなんとかかんとか耐えて耐えて。



やっと少し、

楽しくなってきたかなぁ。



上向きです。



と、



前回も書いた資格の部分は

この仕事とは全く関係無し。



とにかく


逃げずに

戦って

負けても

戦って

必ず

最後に勝つ!

何に?なんて聞かない。



そりゃ、自分でしょ。




あーあ、こんな時間。

明日、しんどいなぁ。(日曜は基本休みじゃないです)


(負けてるやん!?)

2010年05月22日

あけましておめでとう&暑中お見舞い申し上げます

前にも何度もあったので




あ、またか、俺。




時々、間がすっごく空く事が、、、

あります。すみません。




だいたい、そんな時は、


何かにズボっとハマってる時。



良くも、悪くも。





遅ればせですが


前に書いてた国家試験、無事というか

超ぎりぎりで合格しました。手(チョキ)


またレベルアップして、次、狙います。目




そんなこんなで


状況は今も変わらず。

なので


また多分、間、空いちゃうかも。




皆の事忘れてませんよ。


お伺いもしてませんが、ホントに忘れてないですよ。




また、時間できたらいっぱい書きます。ので、


また、遊んでください。





とにかく、元気で。手(パー)

2009年09月01日

ぐぇ。9月か。。。


8月は1回しか書かなかったのか。

ちょっと反省。

せっかくメールでも書けるようにしてるのにな。



めっちゃ元気ですよ。

いろいろあった問題が少しは解消したかと。


来月に迫った某国家試験の勉強は全くはかどってませんが

それもボチボチ行こかと思ってます。





ここ交野はいい天気です。

気持ちいい風が吹いてます。

遠くから聞こえる風鈴の音も心地いいです。

しっかり寝たので頭も冴えてます。

もうすぐ始業式から姫も帰ってくるでしょう。



2009年08月05日

夏の真ん中

なんかホントに書く事(書ける事)無い。


いい事も悪い事も。


だけど、絶対に、変わるし。


仕事と、勉強、前向きに、頑張ってます。



暑いね。毎日。



あちこちうろうろしたけど、


今は大阪の“ど”真ん中にいます。

2009年07月17日

暑中見舞い

今日は健康診断を受けてきた。

結果は来週になるので何とも言えないが

採血してくれた看護婦さんに感動した。

だいたいいつも“チクッ”に構えるのだが

今日も同じように構えていたらいつの間にか注射器の針はささっていて

「あれれ」って間に採血終わり。

ほんの少しも痛くなかった。



看護婦さん、すげー。

もしくは俺が鈍感になったのか。。。

ま、でも、一時期よりは多分健康だと思う。

健康でないと。うん。

これで結果がとんでもなかったら嫌だな。



姫は今日で学校終わりで明日から夏休み突入。

逆に俺は全休の人。だけどようやくそれも終わるかなぁ。



暑中お見舞い申しあげます。
goo チームロハス証

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。